post by blogger | | Closed

婚約指輪といえばダイヤモンド?

婚約指輪といえば、ダイヤモンドが付いている指輪のデザインが多い様ですが、婚約指輪の価格はこのダイヤモンドの価値で大きく変わってきます。

デザインを重視するのか、それともダイヤモンドを重視するのかを考えてみましょう。

ダイヤモンドというのは、基本的に婚約指輪として販売されている場合、世界の基準でもある4Cという四つの項目でその価値が決められています。

ダイヤモンドはこの項目で鑑定されて、購入する際には鑑定書というのが付属しています。

ダイヤモンドはどんな風にその価値が決められるのかといえば、まずはカラットである重さです。

○カラットですなんて婚約記者会見で答えている芸能人などもいましたが、このカラットというのは大きさではなく重さ、重さが重いほど、ダイヤモンドの価値があがります。

そしてダイヤモンドのカラーもその項目の一つです。

ダイヤモンドといえば透明なのですが、透明の中にも微かな色がついているものなのです。

黄色みを帯びているカラーのものもあり、価値が高いのはできる限り無色透明のものとなります。

また、ダイヤモンドというのは炭素が高温や高圧にさらされてできるものなので、生成される過程にてインクルージョンやブレミッシュが出てきます。

その数や位置を判定した物がクラリティであり、純粋に近いものほど、価値があがります。

ダイヤモンドがどうして輝くのかといえば、それはカットがあるからです。

カットの方法もダイヤモンドの価値を決める項目であり、エクセレントからプアーまでの5種類のグレードがあります。

参考リンク・・>【ダイヤモンドの品質を表す「4C」とは? [婚約指輪・結婚指輪] All About

Comments are closed.